サイトマップ 文字サイズ 標準 大きく
グループトップページ 御所ヶ谷ホームクリニック まいづるのデイサービス あ・うんの家 株式会社まいづる
トップページへ
問合せ
御所ヶ谷ホームクリニック
記憶あんしん外来
医療と介護の連携
私たちは、ケア・マネージャーとの連携を重視しています。
内科医と精神科医との連携
年齢を重ねると、身体機能も脳の機能も少しずつ衰えてきます。体調を崩して不活発になれば気持も老け込んでしまいますし、不眠症やうつ状態で認知機能も衰えてしまう場合があります。ご高齢の方々のニーズに合わせて、心身両面からのサポートを提供いたします。
グループ内の連携
  医療から介護までグループで取り組む事ができるのは、私達の強みです。医療と介護それぞれの担当者が、共通の患者さん、利用者様の情報を共有して、カンファレンスを行います。それぞれの立場から、意見を出し合って、生活支援の充実のために話し合います。
ご家族・地域介護との連携
健康な生活を保つためには、お薬やリハビリテーションなどの治療だけでなく、安心して暮らせる生活支援が欠かせません。日々の暮らしの状況を把握して、支援のニーズを掘り起こすためには、ご家族や担当ケア・マネージャーからの情報が必要です。クリニックでは、診察時ケア・マネジャーの同席を歓迎いたします。また、情報共有のためできるだけご家族や担当者と連絡を取り合うよう心掛けています。下記リンクからフォームをダウンロードして、いつでもご連絡、ご相談下さい。
相談票のダウンロード
受診成功事例集
トピックス 経 過
受診拒否 医者嫌いということで、区役所から相談を受けた。初回は往診して、安心感をもってもらうことにより、以降通院できるようになった。
精神病院を退院 認知障害のため精神病院に入院していた。娘より「少しでも人間らしい生活をさせたい。」と相談を受ける。当院精神科医が責任を持つ形で、有料老人ホームあ・うんの家と連携。退院し、入居後の環境変化にも大きな動揺は無く安定して過ごせている。
躁うつ、希死念慮 数年前より不眠障害があり、睡眠剤の服用を続けていた。人間関係のもつれを契機に状態が悪化。自殺企図や興奮状態が続き、家族が対応に困っていたところ、家族のケアマネージャーから相談を受け受診。
元来医師への不信感が強い患者であったが、粘り強くカウンセリングを重ねながら薬剤調整を行い、状態が改善されていった。
徘徊 昼夜問わず家を飛び出してしまう。家族が対応に困り地域包括支援センターへ相談。当院受診後は、昼夜逆転からくる混乱と考え、薬剤調整をおこなったところ徘徊は無くなり、焦燥感、イライラ感も改善し介護負担が軽減された。
せん妄状態 夜間せん妄が顕著。照明が暗くなると感情不安定・痙攣・全身硬直の症状が見られ状態不安定。ケアマネージャーより当院受診をすすめられる。
症状の特性、各種検査の結果から診断し、薬剤調整を行った。現在、症状は改善し、デイサービスに通所しながらリハビリに励んでいる。
※個人情報保護の観点から年齢・性別・病名は公表は控えております。
   
直前のページへ戻る
 
御所ヶ谷ホームクリニック 福岡県福岡市中央区舞鶴1-6-1ラフォーレ舞鶴2階 
Copyright 2010 Goshogatani Home Clinic Group. All Rights Reserved.